親のマンションを処分・売却したい

 

  • 両親が老人ホームへ行くため、マンションを処分
  • あなたが住んでいるけど、引っ越し予定で処分
  • 賃貸の貸していたけれど、不要になったため処分

 

など、親のマンションを処分する理由は様々です。

 

そこで、よくある悩みが

  • 具体的な処分の手続きは?名義の問題は?
  • どれくらいの金額で売れるのか?
  • どの不動産屋さんに依頼すればいいのか?

 

など、あるかと思われます。

 

解決方法はシンプル!不動産の一括査定サイト

 

親のマンションを売るなら当然、”不動産屋さん”に売買仲介依頼をします。

 

※不動産屋さんにマンションの”買主さん”を見つけてもらいます。

 

「とりあえず、適当に・・・」

 

と業者選びを安易に決めがちですが・・・

 

業者選びを間違えると、数百万円以上の損をしたり、
また、買主さんが長期間見つからないケースが多々あります。

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括してマンション査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※優秀な担当者が見つかれば、あなたの疑問にズバズバ!回答してくれます。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

 

 

不動産売買時についてのQ&A

 

マンションについて疑問の娘

 

不動産査定ではオンライン一括査定がベスト?メリット・デメリット

 

親のマンションを少しでも高く売却したい方、複数の不動産会社の査定額を比較することでより一層高く買い取ってもらうことができます。

 

不動産の査定額は、土地や建坪単価等で、ある程度は、相場に準じて行われるのですが、その相場に対して、いくら査定額をプラスにするかは、それぞれの不動産会社の過去の実績が大きく左右しています。

 

なぜなら、同じようなマンションであっても、過去の価値額が、各不動産会社で違っているので、買取査定額が違ってくるからです。

 

そこで、重要になってくるのが、できるだけ多くの不動産会社で査定をとれるかどうかです。

 

インターネットが主流の昨今、オンラインで親のマンションを不動産査定を行うことができるようになっています。

 

さらに、複数の不動産会社での一括査定も行えるようになっています。

 

この一括査定のメリットは、複数の不動産会社の中から最も高い査定額の会社を簡単にみつけることができる点です。

 

不動産というのは、もともとの値段が高いので、査定額が数%違うだけでもかなりの金額差になるので、一括査定は、お勧めの方法です。

 

デメリットとしては、小規模な不動産会社は、一括査定の適用から外れているということです。このため、小規模な不動産会社には、個別で査定に行って比較することをお勧めします。

 

 

 

不動産の査定・売却のときに必要な書類一覧は?

 

※よく分からなくても、不動産業者さんが案内してくれるため、ご安心ください

 

不動産査定に必要な書類は3つの種類があります。

 

まず本人確認の書類が必要です。この書類には、身分証明書、印鑑証明書、住民票などが使われます。発行されてから3ヶ月以内のものが有効なので、注意しましょう。

 

身分証明書には免許証や、保険証などを使うことができます。

 

登記済権利書も必要になります。これはその不動産が自分のものであることを証明する書類です。

 

法務局から発行されます。登記識別情報が必要なこともあります。これも同じ役割を持っているのですが、平成17年以降に購入したものだったら、登記識別情報が発行されていることがあるので、それを用意します。

 

 

土地測量図、境界確認書が必要になることもあります。これは建物ではなく、土地のことを知らせるための書類です。自宅が一戸建ての方は用意しましょう。

 

これまで述べた書類が、不動産の査定をする時には、必要になりますが、他の書類を求められることもあります。
例えば、マンションだったら、マンションだったらマンションの管理規約や耐震診断報告書が必要になる場合があります。本格的な査定に入る前に、仮の査定が行われます。その時は、上記に書いたような書類は必要はありません。日付の新しい登記簿謄本を用意しましょう。

 

 

相続した親のマンションの売却:相続不動産の放置をするとどうなる?

 

自分の住まいがすでにあるために、相続した親のマンションに住む予定は無いというケースはよくあります。

 

こうした場合、マンションを放置したらどうなるかといった事をキチンと知っておくことが大切です。

 

マンションを相続すると、マンションの管理費や長期修繕積立金の支払いを請求されるだけでなく、固定資産税がかかってくるのです。

 

居住もしないのに無駄な支払いが発生するのは避けたい所です。住む予定のないマンションを相続したら、
できるだけ早く売却することが最も賢い方法となるでしょう。相続してから3年10か月以内に売却すれば、取得費加算の特例を利用できるため譲渡税を節税できるというメリットもあります。

 

しかしマンションが老朽化して売りたくても買い手が見つからないといったこともあるでしょう。

 

こうした場合には、相続放棄を選択するという方法も出てきます。

 

ただしマンションの場合、相続人全員が相続放棄した時には、最後に相続放棄した人に、管理費などの維持費の支払い義務が発生する場合があります。

 

これを避けるためには裁判所に申立を行い、相続管理人を立てることが求められるでしょう。

 

場合によっては相続管理人を建てる際に、安くない予納金を支払う事が求められることがあり、相続人全員で予め話し合っておくことが大切です。

 

 

任意売却の注意点:抵当権付きの不動産物件を売る手順

 

住宅を購入する際、たいていの人は金融機関とローン契約を結んでいます。

 

金融機関は、ローンの返済担保として、住宅に抵当権登記を設定します。ローン返済が滞ったときに、住宅を売却し、貸し付けたローンの回収をはかることができる権利です。

 

抵当権付きの不動産は、このような金融機関の担保がついていますので、買主からは敬遠されます。では売りたいときにはどうするか。抵当権付き不動産を売る手順を見ていきます。

 

重要な点は、ローン残額を上回る売買金額を設定できるかどうかです。

 

ローンをすべて返済しないことには、金融機関は抵当権を外しません。ローン残額、一括弁済にかかる費用、不動産売買にかかる諸費用はいくらくらいなのか、
ある程度の目安を計算し、それを上回る代金で売買が成立すれば問題ありません。

 

しかし、不動産売買は、買主との折合いがつかなければ成り立たないものですので、
売買代金が、ローン残額を下回る可能性ももちろんあります。

 

その場合、ローン残額の一括弁済は不可能ですが、任意売却という方法があります。

 

これは、ローン残額が残ることを前提として金融機関に抵当権を外すことの了解を得て、住宅を売却するものです。

 

住宅売却後、残ったローンについては、金融機関と相談の上、返済を続けていくことになります。

 

 

マンションを売るor貸す※どっちがいい?

 

マンションを持っている人は、住み続けるという選択の他に、売る、貸すという2つの選択肢があります。マンションを売るのと貸すのとでは、どっちがいいのかで悩むこともあるでしょうが、売る場合と貸す場合、それぞれのポイントを押さえておけば、考えをまとめやすくなるものです。
まずマンションを売る場合のメリットですが、すぐにまとまったお金が手に入るという良さがあります。買い替えなどで急にまとまったお金が必要になることもあるでしょうが、そういった場合には売ることで問題を解決できます。しかし、物件の状態などによってはなかなか買い手がつかないといった問題が発生します。
物件を所有している限り維持費がかかりますから、売れない状態が長く続くというのは好ましいことではありません。そこで注目したいのが貸すという選択肢です。売りに出して買い手がつかない場合でも、借り手がつくことはあります。
ただし、貸す場合にはデメリットとして、まとまったお金が短期間で入ってくることがないというものがあります。突然の災害などで物件が大きな損害を受けた場合、マンションの価値は大きく下がり、買い手がつかなくなってしまうこともあります。ですから、うまく立ち回って早めに売却できるようにするのも1つの手です。

 

 

専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却をおこないたいと考えて、不動産業者に仲介を依頼する場合には、専属専任媒介、専任媒介、一般媒介という3つの契約方法がありますが、それぞれにメリットやデメリットなどの違いがあることをご存知でしょうか。専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の内、専属専任媒介と専任媒介の大きな違いは、契約外の不動産会社の仲介で成約したら、売り主が専属専任媒介を契約している不動産会社へ違約金を支払う義務が生じることでしょう。そこで、専属専任媒介と専任媒介をおおよそ同じ内容の契約であると考えた場合、対極にあるのが一般媒介の契約だといえます。つまり、前者は契約の縛りがきつく、後者は契約の縛りがゆるいということです。たとえば、一般媒介には売り主に近況報告をする義務などはなく、レインズへの登録義務もありません。また、一般媒介の場合には、契約が一社に限っていないため、広告を積極的に不動産会社が出しても、出さなかった不動産会社が買い主を見つけ、売買契約の手数料を受け取る可能性もあります。そこで、専属専任媒介のように、不動産売却が成立したら、必ず自分の会社へ手数料が入ることが約束されていないため、一般媒介では担当者のやる気がでない場合が考えられます。